New face

内定者紹介

大阪府立大学 生命環境化学域 応用生命科学類
森山 理央

ウィルを選んだ理由

「一緒に働きたい!」、「こんな風になりたい!」とあこがれる社員の方々に出会ったからです。私は、就活において最後まで、「好きなこと」と「好きな人」のどちらを選ぶか悩んでいました。しかし、今までの人生を振り返ったとき、私が頑張ることができたのは、周囲の「人」のおかげだと気づきました。一人ひとりが全力で努力し、応援し合う場所でなら、私はもっと頑張れる、成長できると思い、ウィルに決めました。また、私自身だけでなく、大切な家族や友人のことまで考えてくれる会社は他にはないと思ったことも、大きな理由です。

学生時代のこと

マネージャーとして入る予定だったボート部で、気が付けば選手になっていました。はじめは漕手でしたが、1年生の冬から舵手に転向しました。舵手のやりがいが見つけられず、悩んだ時期もありましたが、少しずつわかることやできることが増え、ボートが好きになりました。最後には、関西の小さな大会で優勝し、同期と一緒に喜べたことがとてもうれしかったです。部活以外では、アルバイトと帰省ばかりしています。友達と美味しいもの巡りをすることも好きです。

①大学3年時、同期とはじめて金メダルをもらいました。(本人:左端)
②夢だったUSJの年パスも持ちました。(本人:左から2番目)

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る