New face

内定者紹介

神戸大学 発達科学部 人間行動学科
神鳥 直人
体育会漕艇部

ウィルを選んだ理由

大学時代、部活動に打ち込んだように、社会人になっても仕事を楽しみ、仕事を通して自分自身の能力を高めていけるような環境で働きたいという思いがあり、ウィルにはその環境があると感じました。また、採用担当の方との面談や選考の過程を通して飾ることのないありのままの自分を出すことができました。それを受け入れてくださる企業は他にないと思い、ウィルに入社を決めました。

学生時代のこと

学生時代は主に部活に打ち込み、毎朝4時に起きて練習し、ほとんど毎日をボート部の宿舎で過ごしていました。ボート部では、2回生のときに出場した全日本新人選手権で全国5位入賞、4回生のときに出場した関西選手権で優勝という結果を残すことができましたが、最後の大会となるインカレでは一度も勝てないまま引退となりました。また、大学では主にストレスに関する分野を専攻し、スポーツ選手のストレス耐性と試合での実力発揮の関連について研究をおこなっていました。

大学4回生の関西選手権で優勝したときの写真。後ろから3番目が僕です。
大学2回生の新人選手権大会の後クルーメンバーとマネージャーで撮った写真(本人:後列中央)

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る