New face

内定者紹介

大阪大学 文学部 人文学科
山崎 真奈
体育会陸上競技部

ウィルを選んだ理由

1つ目は就活において悪いところ全部含めて評価していただいたことです。2つ目は事業の広さです。子どものころから興味のあった建物やリフォームはもちろん、大学でデザインをかじって興味を持った広告、その両方を扱う会社はとても少なくとても魅力に感じました。またこの事業の広さは会社をどんな方向にでも発展させていける可能性だと感じています。3つ目は人です。社員さんも同期も出会う人みんなが人生で何かに本気で打ち込んできた経験を持っていて、それが大学の部活動の環境に似ていて、そのなかで一緒に働きたいと思いました。

学生時代のこと

学生生活の半分以上は陸上競技に打ち込んでいました。専門は走高跳ですが、短距離種目も大学生活中に伸びてリレー種目では2年連続で部の記録を塗り替えることに成功しました。競技だけでなく役職でも会計やTシャツの作成などの仕事を担当して、部のためにどっぷり時間を費やす学生生活でした。勉強については美術史を選択していたので授業の内外で美術の歴史に触れ、絵画の細部に宿る人々の美に対する意識を学んできました。卒業論文執筆のために現在は17世紀のネーデルラント地域の絵画について文献を読み進めています。

大学4回生の7大戦の100m(本人:奥から3番目)
卒論のテーマになる絵画

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る