New face

内定者紹介

大阪大学 文学部 人文学科
廣地 優希子
女子バドミントン部、大阪大学体育会本部

ウィルを選んだ理由

この環境で働けば、ありのままの自分を好きになれるかもしれないと思ったからです。私は「志信館」の1期生で、そこから講師になったという経歴を持つため、ウィルの社員の方々とお話しさせていただく機会が多くありました。そのなかで、どの方も自分の芯をしっかりと持っていて魅力的な方だと感じていました。そして、就職活動において無理に自分をよく見せようとして苦しんでいたとき、この会社でならば、ありのままの自分で頑張ることができるかもしれないと思い、ウィルを選ばせていただきました。

学生時代のこと

ほとんどの思い出がバドミントン部での活動です。今までの人生の中でもっともバドミントンについて考え、練習に励んだ日々でした。バドミントンについてだけでなく、部活動を通して、チームのためにすべきことなど、さまざまなことを学び、人としても成長させていただきました。また長い時間を一緒に過ごしてきた部員たちのおかげで、充実した楽しい学生生活を送ることができたと思っています。遠征等で日本全国いろいろなところに行くことができたのもいい思い出です。

大学1回生の学祭にて、同期と焼きそば店を出店(店のマスコットキャラクターを務めました)(本人:右)
大学3回生のとき、箕面の市民大会で優勝(大阪大学のバドミントン部で各部門の優勝賞品のお米を独占しました)(本人:右)

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る