New face

内定者紹介

京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻
中川 京香
体育会男子ラクロス部(マネージャー)

ウィルを選んだ理由

一番の決め手は社員の皆様が本当にいきいきと仕事をしていて、私が就活中に出会った他の会社のどこよりも熱量があるなと感じたことです。他の理由としてはウィルは私が思う一般的な会社のイメージとは違っていて、何か普通じゃないことができそう、人間関係が良さそう、部署の垣根を越えていろいろなことができそうと思ったことなどです。社員旅行で海外に行けるのも魅力でした(笑)。また、人事の方の人を見る目が本当にすごいなと感じ、「中川さんはウィルに合っている」という言葉が信頼できたこと、あとは直感、そして(ウィルは新卒25期生にあたるのですが)部活も同じ「25期」だったので、そこに縁を感じたことです。

学生時代のこと

学部時代前半はラクロス部の活動と建築の課題を両方頑張っていましたが、3回生からはラクロスだけに専念することにし、部活中心の生活を送っていました。大学院になってからは学部時代、部活があってあまりできなかった旅行やバイトをたくさんしています。暇なのがあまり得意ではなくつねに予定を詰め込んでいることが多いです。そのため、振り返るとなかなかのハードスケジュールのなかを生きてきたなという感じで、そういう意味では結構体力オバケだと思います(笑)。

4年間の集大成である最後のリーグ戦の開幕戦前日に4回生女子スタッフから4回生男子陣にマスコットを作って渡した時の写真。最高の同期。
韓国にはじめて行ってチマチョゴリ体験をしたときの写真

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る