New face

内定者紹介

神戸大学 経済学部 経済学科
小林 舞子
六甲台学生評議会(ベルカン)、ぼらばん(ボランティアサークル)、encourage(キャリア支援団体)

ウィルを選んだ理由

ウィルとの関係が深まるにつれて、「ここでなら、素直なまま生きていけそう」という思いが確信に変わっていき、入社を決意しました。ウィルの社員の方々には、自分の弱いところもダメなところも、心の底に眠っていた情熱的なところも、すべて自然体で伝えることができました。思いつく限りの疑問をぶつけましたが、どこまでもあたかかく、毎回想像もしていなかったような素敵な言葉を返してくださいました。私にとってウィルは、「私もこんな人になりたい」と思える人しかいない唯一の会社です。

学生時代のこと

学生時代は、「やってみたいなぁ」とぼんやりとでも思ったこと一つひとつに、一生懸命になり続けた毎日でした。イベントをつくる学生団体、ボランティア活動、個別塾や飲食店でのアルバイト、ゼミ、就活支援団体での活動・・・。「人とつながるって簡単ではないけれど、素敵なことだなぁ」と日々感じ、本当に貴重な経験をしました。あらゆる年代の人と深く関わるなかで、「一生懸命に生きている人ってやっぱりすごい、一緒にいるだけで元気がでる、私もこうなりたい!」という気持ちが磨かれた4年間でした。

大学3回生のとき、サークル最大のイベント「七夕祭」を共に創り上げたメンバーと
大学4回生のとき、encourageの仲間と(本人:後列 左から3番目)

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る