New face

内定者紹介

神戸大学 文学部 人文学科
吉田 七海
体育会漕艇部

ウィルを選んだ理由

一番飾らずに自分を出せたからです。私の場合は面接という形式ではなくほぼ面談で、選考されているという意識はほとんどないなかで自分の思いを話していました。当時、不動産業はまったく見ていなかったのですが、そういった相互理解を深めていくなかで、会社が目指しているものに共感し、社員の方々の人間性にも惹かれました。そして、ウィルで働いている自分がよく想像でき、一番自分に合っていると感じたので、入社を決めました。

学生時代のこと

とにかくボート部で頑張った学生生活でした。朝4時に起き、1日に2回の練習を週5回するハードな毎日でしたが、ユニークでやさしい仲間たちのおかげで4年間続けることができました。部員同士で楽しく話しながら女マネさんのつくったご飯を食べたり、ボートの動画を見ながら熱く意見を交わしたり、声をかけあって鼓舞しながらボートを漕いだり、しんどいながらもそれを超えるキラキラした日々を送っていました。とくに、水上を滑らかに滑る感覚、相手を抜かしたときの爽快感は忘れられません。

大学3回生時、関西選手権にて、試合に挑むときの写真(本人:1番前)
大学4回生時、インカレでベスト8進出が決まった直後に後輩と泣いて喜んでいる写真(本人:右端)

他の内定者の記事を見る

OTHER ARTICLES

一覧に戻る