WILL Recruiting 2019 株式会社ウィル
新卒採用

益井 淳平Junpei Masui

営業(リフォーム・リノベーション)
2006年入社

大学時代の私は、仲のよい友人数名を除き、広く当たり障りのない人付き合いをしていたように思う。しかしウィルに入社し、住まいに関わる仕事をやり始めて、人間関係に対する考え方は大きく変わった。お客様は真剣に住まい選びと対峙される。多額のローンを組むことにもなる。さまざまな期待をされている中で、それに応えるため、真正面からお客様と向き合い、心の奥底にある思いを確実にすくい取る必要がある。人と深く付き合う姿勢は、私の中で大きく変化した部分だと思う。

リフォームの商談は、打ち合わせ回数が多い。最終の引き渡しまで20回、30回と行われることはざらで、回数を重ねるごとにお客様との関係は密になり、そして徐々に本音も飛び出してくる。何百万円、ときに1,000万円を超えるリフォーム総額の中で、たとえばどの水栓金具を設置するかなど、数千円の単位で調整が行われる。不動産とは違って具体的な個別商品があるだけに、金額の感覚もよりリアルになるのだ。また、本音を話せる関係になれば、不満もダイレクトに伝えられることになる。ぶつかり合いながらも、そこから逃げずに、最後の最後まで満足度を追求していかなければならない。

一覧に戻る

リフォーム・リノベーション事業

Reform

流通事業の各店舗に来店する中古住宅の購入希望者をメインターゲットとして、購入と同時にリフォームプランを提案、工事を請け負います。規格化された商品は取り扱わず、顧客に寄り添ってオーダーメイドの空間を設計。その事例は新聞や雑誌などのメディアで取り上げられ、リフォームコンテストでの受賞歴も数多くあります。