WILL Recruiting 2019 株式会社ウィル
新卒採用

橋口 豊Yutaka Hashiguchi

デザイナー(広告クリエイティブ)
2016年入社

「そんな半端な姿勢でやるなら担当降りろ!」上司の怒声が響いた。なぜ怒られなければならないのか、すぐには理解できず、憤りを覚えた。手を抜いているつもりはないし、一生懸命取り組んでいた。しかし、思い知らされることになる。結局は「自分なり」であり、「やっているつもり」に過ぎず、何の結果も残していないということを。

学生時代は自分の好きなこと、興味のあるものだけをデザインしていればよかった。教授の理解さえ得られれば、何をやっても自由だった。しかし、仕事は違う。物件販促においては、集客という結果に結びつけなければならない。仕事への向き合い方を矯正し、真の実力を身につけさせるために、限界を超える経験を上司は自分に求めていたのだ。

そのことに気づきかけたある日、販売担当の営業マンがお客様のエピソードを聞かせてくれた。「まったく家に興味のなかったお客様が、橋口のつくったチラシをきっかけに家探しを始めて、購入いただくことになったよ」と。柄にもなく目頭が熱くなった。ようやく私は、自分の働き方、生き方を見出すことができた。自分のつくった広告が、人の心を動かす。真正面から仕事に向き合い、結果にこだわるからこそ、今、仕事の醍醐味が味わえているのだと思う。

一覧に戻る

広告クリエイティブ部門

Creative

内製化により培ってきたクリエイティブ力を活かし、社外からサイト制作や物件販促の依頼を受けています。クライアントは同業の不動産会社がメインで、取引社数は100社を超えます。メンバーのほとんどが宅地建物取引士の資格を持ち(広告業界においては異例)、不動産の事業構造も熟知している点でも評価を得ています。