WILL Recruiting 2019 株式会社ウィル
新卒採用

見延 玲奈Reina Minobe

神戸大学大学院
理学研究科 化学専攻

就活中の私は、エントリー先の会社に対して、自分が会社に対してどんなことで貢献できるか、どれだけ使える人材なのか、必死でアピールしていました。

ところが、ウィルに出会い、自分のために会社を使うという考えを知りました。これまで自分のことを繕って話してきた私は、衝撃を受けました。それからやっと、私の自己分析は始まりました。今までの自分、将来の自分をひたすら考え続け、すべて選考でぶつけました。

取り繕わないそのままの自分を知って、受け入れてくれる人たちと一緒に働けることは心強い。また、選考中、「変わりたい」と初めて思えた環境が決め手となりました。

写真/学会での研究発表の様子

なにも続かなかった私が唯一、学生時代に続けてきたことは化学の勉強です。もともと化学が好きで、理学部化学科を選び、学部時代はひたすら勉強をしていました。

今は大学院で光合成に関する研究に取り組んでいます。もともとわかっていることを学ぶ「勉強」と、まったくわかっていないことを探求していく「研究」はまったく違っていました。自分はどちらかと言えば勉強のほうが向いているなと思いつつも、新しいことがわかるとやはり楽しさを感じます。

ここまで学んできたこと、そして自分が発見したことをしっかり修論という形で残すため、残りの学生生活も最後まで全力で取り組みます。

写真/研究室にて

※文章は内定者時代に書かれたものです。

一覧に戻る