WILL Recruiting 2019 株式会社ウィル
新卒採用

近藤 一穂Kazuho Kondo

神戸大学
経営学部

ここでなら充実した人生を歩めると感じたので、ウィルへの入社を決めました。

私は部活や受験の経験を通じ、自分が一番イキイキできる瞬間は、なにかに本気になっているときだと考えていました。ウィルの社員の方々はつねに本気で仕事に向き合っており、この環境でなら仲間と切磋琢磨しながら、充実した人生を歩めると感じ取りました。

また、選考過程で、自分の人生の多くを話し、私の弱い部分も教えていただきました。ウィルは人の成長を支え、応援してくれる環境だと身をもって実感し、ここでなら、深みのある人間になれると思い、入社を決めました。

写真/ゼミでのプレゼンの様子

私は大学編入の経験もあり、より多くの人と出会えた学生生活でした。

同志社大学ではゼミ活動に没頭。毎回、厳しい課題を出され、発表や提出に追われていましたが、同じゼミ生で協力しながら、課題に取り組むことで、チームとしての一体感が生まれ、充実した日々を送れました。

また、編入後の神戸大学では、大学の夏祭りの運営に携わりました。自分が担当した企画が成功し、チームメンバーから感謝の言葉をもらったとき、大きな達成感を味わいました。より多くの人たちと出会い、2つの大学を経験できたことは私の人生にとって財産になりました。

写真/夏祭り運営スタッフ集合写真(本人:要確認) 一覧に戻る