WILL Recruiting 2019 株式会社ウィル
新卒採用

保澤 志帆Shiho Hozawa

京都工芸繊維大学大学院
工芸科学研究科 デザイン学専攻

私がウィルに入社しようと思った一番の理由は、ここでなら自分と向き合える、と思ったからです。

内定に至るまでの過程で、私のことを知るために何度も面談・面接を重ねいただき、たくさん自分のことを話すことができました。これほど自分自身について考えたことはありませんでした。「とことん全力でやる」という考えが学生に対しても、社員に対しても、お客様に対してもすべてに息づいている会社なんだと感じました。

「やりたいこと」「なりたい自分」に挑戦することで人生を楽しくしたい。ウィルではそのために自分と向き合うことができると思いました。

写真/地下鉄アートジャックプロジェクトでの制作中の様子

中学・高校は吹奏楽部でサックス、大学では室内管弦楽団に所属してコントラバスを担当し音楽活動を続けています。他にも和太鼓を経験してみたりと、さまざまなジャンルの音楽に挑戦しています。音楽は、誰かと一緒に演奏することの楽しさや、チームワークの大切さなどを知った、私の学生生活を語るうえで、なくてはならないものです。

また、昔から芸術やデザインに興味があり、それらを専門に勉強するために途中で専攻を変更して勉強しています。

昔からいろいろなことに興味を持ち、気になったことには臆せず飛び込む性格でした。反面、突き詰めてなにかを極めたい欲求もあるので、社会に出たら、自分の強みといえるものをなにか一つ、確立させたいと思っています。

写真/室内管弦楽団の演奏会

※文章は内定者時代に書かれたものです。

一覧に戻る